ファッション

「ナイキ」が傘下のRTFKTを通じて初めてバーチャルスニーカーを発売 二次流通では5000万円以上で取引も

 ナイキ(NIKE)は、昨年12月に買収したNFTスタジオRTFKT(読み方:アーティファクト)を通じて同社として初となるメタバースで着用できるバーチャルスニーカー“RTFKT x ナイキ ダンク ジェネシス クリプトキックス(Rtfkt x Nike Dunk Genesis CryptoKicks)”を4月22日に発売した。ナイキは以前から“クリプトキックス”を商標登録していた。

 ナイキは、RTFKTのバーチャルスニーカーを過去に購入したことがある人を対象に「ナイキ」の“スウッシュ”を配した黒いボックス型のNFT“MNLTH”を2月に無料で配布していた。バーチャルスニーカーの発売日と同日にこのNFTの中身も公開された。中に入っていたのは、イーサリアムのブロックチェーンをベースにしたカスタムできる「ナイキ」の“クリプトキックス”で、“ナイキ ダンク(Nike Dunk)”のデザインをベースに、“スキン・バイアルズ(Skin Vials)”とういう別のNFTを使ってゲーム内のスキンのように見た目をカスタムできるという。

 このスキンはバーチャルの“ナイキ ダンク”のほか、互換性のあるバーチャルスニーカーにも使うことができるという。8人のアーティストが制作した“スキン・バイアルズ”はそれぞれ希少度が違い、後に新たなカラーや機能が追加されていく予定。RTFKTはバーチャルスニーカーを一足所有していれば約1000通りのカスタマイズできるとしている。なおこのスキンは“交配”できるというが、その詳細については未公開のままだ。

 “クリプトキックス”や“スキン・バイアルズ”はNFTのマーケットプレイス「オープンシー(OpenSea)」でRTFKTやそのほかの所有者から二次流通で購入もできる。発売から数日でバーチャルスニーカーは2500万ドル(約31億円)以上の取引高を記録し、スキンの取引も活発に行われている。25日のある取引では、45万ドル(約5670万円)以上で売買されていた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら