ファッション

今季はミニVSマキシスカートが白熱! 「アクネ ストゥディオズ」や「サカイ」も 【徹底解説・2022-23年秋冬コレクションリポート】

有料会員限定記事

 2022年春夏シーズンは、Z世代がけん引する00年代のリバイバルファッション“Y2K”がトレンドをさらい、ミニスカートを取り入れたブランドが多く見られた。22-23年秋冬シーズンも同トレンドが引き続き盛り上がりを見せる一方で、裾が地面につくような長さとボリュームが魅力のマキシ丈スカートを披露したブランドも多数登場。今季は、スカート丈に注目だ。

 「コペルニ(COPERNI)」は、遊び心溢れるミニスカートやクロップドトップスを取り入れたコレクションを披露。ティーンを中心に人気を集めるドラマ「ユーフォリア(EUPHORIA)」には同ブランドのバッグも登場しており、今コレクションでもZ世代や“Y2K”ファッションを意識したデザインが見られた。アルノー・ヴァイヨン(Arnaud Vaillant)=クリエイティブ・ディレクター兼共同創業者は、「SFバージョンの『ユーフォリア』のような感じだ」とコメント。フード付きのピタッとしたトップスにはデニムの巻きスカートを合わせ、学生のようなフレッシュさを感じさせた。

 ユン・アン(Yoon Ahn)=クリエイティブ・ディレクターが手掛ける「アンブッシュ(AMBUSH)」は、SF映画をインスピレーション源にしたコレクション。レザーを使ったマイクロミニ丈のスカートにロングブーツを合わせたルックなどで、近未来的な世界観を表現した。今シーズンは、「1つ1つのルックに個性やキャラクターが表れるものにしたい」とアン=クリエイティブ・ディレクター。よりコンセプチュアルなタッチで、ミニ丈トレンドを解釈した。

この続きを読むには…
残り415⽂字, 画像44枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

アパレルは値上げする?しない? 全方位コストアップの中で有力企業の対応は?

5月16日発売の「WWDJAPAN」は、「アパレルは値上げする?しない?」にフォーカスします。すでに食品や外食、電気代などでは値上げラッシュが続いていますが、アパレル製品でも素材価格の上昇や物流費の高騰と混乱、さらには大半を輸入に頼る中での円の急落によってコストアップ圧力が大変高まっています。

詳細/購入はこちら