ファッション

不良集団、渋谷に現る 「リトルビッグ」の“ヤンキーテーラード”

 馬渡圭太デザイナーが手掛ける「リトルビッグ(LITTLEBIG)」は16日、2022-23年秋冬コレクションのショーを行った。同ブランドは昨シーズン、ブランド設立10年の節目に初のショーを開催。馬渡デザイナーは「ずっとアングラでやってきたから、たくさんのバイヤーに見てもらうきっかけになった。今回もショーを通して、より多くの人にブランドを知ってもらえたら」と話す。

上京当時の渋谷に着想
「とにかく楽しいショーにしたい」

 会場は、渋谷スクランブル交差点を見下ろす多目的ビル「キューフロント(QFRONT)」の屋上。スクランブル交差点は、馬渡デザイナーにとって思い入れがある場所だ。「20年前に青森から上京し、“東京っぽさ”を一番感じたのがスクランブル交差点だった。今回はとにかく楽しいショーにしたくて、混沌とした当時の渋谷の空気を再現したかった」。

 ウエアも“2000年代初頭の渋谷の不良”に着想した。定番のパワーショルダーのジャケットは、胸ポケットにエンブレムを施し、レジメンタルのタイやチェックスカート、肩がけしたスクールバッグ、色落ちしたデニムパンツなどを合わせ、学生服を着崩すスクールガールとヤンキーのスタイルを表現した。ほかにも、ダボっとしたジャージーのセットアップやパーカ、胸元が大きく開いたポロシャツ、赤と紫をベースとするカラーパレットも“不良”の世界観を色濃くする。ブランドアイデンティティーのテーラードは、全てオリジナル素材で製作。中盤に連打したスクールストライプの生地は、1837年創業のイギリスの生地メーカー、ムーン(MOON)に製作を依頼した。

 ランウエイにはプロモデルのほか、馬渡デザイナーが原宿と渋谷でハントした一般人も登場し、“渋谷のリアル”を表現した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら