ファッション

東コレ 3度目の「コンダクター」が演劇場でショーと舞台芸術の融合 人間の二面性を表現

 長嶺信太郎デザイナーが手掛けるメンズブランド「コンダクター(EL CONDUCTORH)」は15日、「楽天 ファッション ウィーク東京(Rakuten Fashion Week TOKYO)」で2022-23年秋冬コレクションのファッションショーを行った。同ブランドは21-22年秋冬シーズンから東コレに参加しており、今回で3回目。会場は、品川の演劇場「クラブイーエックス(Club eX)」だ。長嶺デザイナーは「1回目は(ホテルの地下駐車場で)オーセンティックなショーを行い、2回目は短編映画を作り渋谷の映画館で上映した。今回はランウエイショーだけど、舞台芸術の要素を取り入れた新しい表現に挑戦したかった」と会場選びの意図を説明した。

“愛情と憎悪”に着想
不穏な演出で増幅する世界観

 コレクションテーマは“愛情と憎悪”。「強すぎる愛情の裏返しや、一つのきっかけで愛が憎しみに変わる瞬間の二面性」を表現した。バロック柄のシャツは一見するとエレガントだが、よく見ると般若の顔や有刺鉄線などのモチーフが散りばめられ、毒々しさがある。定番のラメツイードのセットアップは、ベルトとファスナーを付けてボンテージにしたほか、左右を黒の無地とトラ柄で大胆に切り替えたフェイクファーのコートや、“LOVE”を逆さにしたレタードTシャツなど、二面性をストレートに伝えるアイテムもあった。

 舞台の上空には、草花で作った大きなプロップと赤い風船を複数用意した。ショーが進むと、それぞれの風船が大きな音を立てて破裂し、中から赤い紙吹雪が散ってステージを覆っていく。この演出は、長嶺デザイナーのある思いを表現したものだ。「毎シーズン、つらかったり悲しかったり、心に痛みを抱える人に向けて洋服を作っている。僕自身も孤独な時代があったが、洋服に夢中になることで救われた。(ショーを通して)そんな人の支えになれたら」。

 今シーズンは、シャツワンピースやチェックスカートなどウィメンズアイテム4型も登場した。“PASSION”(=情熱)“DESIRE”(=欲望)と描かれた「コンバース(CONVERSE)」の“オールスター(ALL STAR)”も披露した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら