ファッション

エキセントリックな装いで目立つが勝ち 又吉直樹やシトウレイも来場した東コレ2022-23年秋冬【後編】

 2022-23年秋冬シーズンの「楽天 ファッション ウィーク東京(Rakuten Fashion Week TOKYO以下、RFWT)」が3月19日に閉幕した。会場には独自の感性を貫いた来場者が多数で、東京らしいミックススタイルを体現する個性派たちを前後編に分けてスナップ形式で紹介する。後編では、17〜19日の3日間から「マリオン ヴィンテージ(MALION VINTAGE)」「ブラックミーンズ(BLACKMEANS)」「ダイリク(DAIRIKU)」「トーガ(TOGA)」のショー会場でスナップを実施した。

 「マリオン ヴィンテージ」の来場者は、総レースのワンピースやパフスリーブのシャツなどロマンティックな装いが目立った。一方で、「ブラックミーンズ」はスタッズ付きのジャケットやパッチワークをあしらったデニムなど、パンキッシュなスタイルが溢れた。「ダイリク」ではビンテージのTシャツやカットオフしたジーンズを取り入れたグランジスタイルが、「トーガ」ではケミカルカラーを取り入れたスタイルや、シャツやデニムなどのベーシックアイテムを現代風に再解釈したルックが際立っていた。

 「ダイリク」にはお笑いコンビ、ピースの又吉直樹や井下好井の好井まさおが、「トーガ」にはフォトグラファーのシトウレイやファッションジャーナリストのマスイユウ、アーティストのとんだ林蘭ら各界の著名人が会場に駆けつけた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら