ファッション

「スノーピーク」の新業態「ライフ ビオトープ ストア」が二子玉川にオープ ン 初の家具ブランドも販売

 「スノーピーク(SNOW PEAK)」は、東京・二子玉川の「二子玉川ライズ」テラスマーケット2階に新店舗「スノーピーク ライフ ビオトープ ストア 二子玉川(SNOW PEAK LIFE BIOTOPE STORE 二子玉川)」を4月29日にオープンする。

 店名の“ライフ ビオトープ”とは、同社がオートキャンプ事業で培った“野遊び”の知見を“衣食住働遊”のさまざまな生活シーンに取り入れ、自然に対する新しい価値観を生み出すプロジェクトだ。同店では、キャンプシーン以外も含めたライフスタイル提案を行う。店舗面積は約340平方メートル。

 同店最大の特徴は、スノーピーク初の家具ブランド「ツグナ(TUGUNA)」の展示・販売だ。ブランド名は「継ぐ」「接ぐ」に家具を掛け合わせた造語で、“ウオールセット”(税込25万3000円〜)“コーナーセット”(税込38万5000円〜)などの骨組みをベースに、テーブルやシェルフなどさまざまなパーツを組み合わせて自分の生活に合った空間を演出できる。同店では“趣味”“ホームオフィス”“ファミリースペース”の3テーマに分けてサンプルを展示する。

 同エリアはファッションにこだわる客層も多いことから、アパレルも豊富に扱う。「スノーピーク」の定番アパレルに加えて、素材や泥染めなどの加工にこだわった「ヤマイ(YAMAI)」や、ファミリー層に向けたキッズサイズ、ドッグウエアも用意する。ほかにも家で使える折りたたみ式のコンロやLED照明を使ったランタンなどのキャンプ用品、北海道チーズのオイル漬けなどの食物販など、バラエティーに富んだアイテムをそろえる。イベントスペースも設け、トークセッションやギアを活用した体験コンテンツなどを予定する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら