ファッション

スノーピークが複合型リゾートを4月15日に開業

 スノーピークは、露天風呂やサウナなど温浴施設を中心とした新潟県三条市の複合型リゾート「フィールド スイート スパ ヘッドクォーターズ(FIELD SUITE SPA HEADQUARTERS)」の開業日を4月15日に決定した。同施設の建築面積は約2000平方メートル。同社は「野遊びを五感で感じ、色とりどりの体験に満たされ、自然とゆっくり溶け合ってほしい」と話す。

 温泉は100%自家源泉で、泉質は弱アルカリ性単純温泉。疲労回復や美肌効果などが期待できるという。また温浴エリアには、日本三百名山の一つである粟ヶ岳の眺望を楽しめる露天風呂を用意する。自然との一体感を得るため内風呂も大きくガラス張りとし、約45平方メートルのテラスも設置する。

 サウナエリアも一面ガラス張りのパノラマビューが特徴で、夏には鮮やかなグリーン、冬には真っ白な雪が見られる。中心には、遠赤外線効果の高い人工石“ケルケスストーン”を採用した360度型サウナヒーターを置く。これにより体の芯まで温められるという。

 スノーピークは2021年、キャンプフィールドを併設する新潟本社の敷地を約5万坪から約15万坪に拡張。22年春の複合型リゾート開業を宣言していた。「フィールド スイート スパ ヘッドクォーターズ」には温浴施設のほか、生産者とのリレーションに重きを置いて地元食材を提供するレストランや宿泊施設もオープン予定だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら