サステナビリティ

スノーピークが直営キャンプフィールドなどの電力を再エネ化 みんな電力と連携

 スノーピークはこのほど、全国10カ所の主要拠点と直営キャンプフィールドで使用する電力を、再生可能エネルギーに順次転換していく方針を発表した。

 使用する電力はみんな電力が供給する再生可能エネルギーで、主要拠点のうち新潟県・三条市に位置する本社と、代表商品の焚き火台などを製造する戦略拠点「スノーピーク オペレーション コア HQ2」では三条保内発電所の木質バイオマス発電によるエネルギーを導入する。木質バイオマス発電とは、里山の整備により生じる間伐材などを燃料に発電するもの。今回の取り組みにより、同社の電気由来のCO2排出量はゼロになる。

 今後は製造工程におけるCO2排出量削減に向けて取り組むほか、外部サプライヤーにも再生可能エネルギーへの切り替えを呼びかけていく。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら