ファッション

スノーピークが新潟本社の敷地を15万坪に拡張 スパやレストランが入る複合施設を来春開業

 スノーピークは、新潟・三条の本社敷地を約5万坪から約15万坪に拡張し、温浴施設やレストランが入る複合型リゾート施設「フィールド スイート スパ ヘッドクォーターズ(FIELD SUITE SPA HEADQUARTERS)」を2022年春に開業する。総工費は約25億円。8日には、本社でメディア向けの発表会を行い、山井太会長と山井梨沙社長、同施設の建築を手掛けた隈研吾が登壇した。

 同施設の建築面積は2007平方メートルで、地上1階と地下1階の2層構造。スノーピークが運営しているキャンプフィールドのすぐ隣の土地に建設中だ。施設は中核となるスパに加えてレストランや宿泊施設を備える。粟ケ岳を見渡せる開放的な露天風呂やサウナが入るスパは約400平方メートルで、最大収容人数は240人。全面ガラス張りのレストランは約140平方メートルで、65席となる。レストランは、ミシュラン三ツ星獲得店「神楽坂 石かわ」の石川秀樹が監修する。宿泊施設は100平方メートルのヴィラが1棟、50平方メートルが2棟、隈とスノーピークが協業したモバイルハウス“住箱”を4つ配置する。ほかにもラウンジやショップも入る予定だ。

 建築を担当した隈研吾は「スノーピーク初めてのスパということで、世界から注目される施設になる」と期待する。建築のコンセプトは“The Heart of Camping”で「キャンプの心が感じられるインテリアを意識した」と隈。「約2万本の薪を使ったほかにはない建築で、中の家具も薪をイメージした。また燕三条の伝統が感じられるメタルウオールや、現地の土を使った左官壁などローカルマテリアルを採用している」と説明した。

 山井太会長は「スパは、2011年に本社をこの場所に移した当初から計画していた。しかし当時の年間売上高が約30億に対し、本社の総工費で17億円をかかったため断念した。結果的に開業まで10年かかったが、隈さんやいろいろな方との縁ができた」と話した。

 山井梨沙社長は「文明の進化で便利になる一方、人が自然から遠のいて人間性が低下している。私たちの使命は、もう一度人と自然をつなぎ、人間性の回復を目指すこと。11年に開業したキャンプフィールド、22年にオープンするフィールド スイート スパ ヘッドクォーターズを経て、25年までにスノーピークが目指すライフバリュー“衣食住働遊”を可視化する場所を目指したい」と述べた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら