ファッション

山井梨沙スノーピーク社長「自然界において世界一クリエイティブな会社に」 音声座談会「蓉子の部屋」Vol.8

「蓉子の部屋」は、川島蓉子・伊藤忠ファッションシステム取締役/ifs 未来研究所所長が、毎回ゲストを招き“未来”について考える音声番組です。未曾有の状況の中、業界にはこれからの“未来”について考えなければならない現実に直面しています。そんな中、少しでも業界人に役立つヒントやカケラを音声配信でお届けします。近所のスーパーに行く時や、通勤・通学時に気軽に聞いてください(笑)。

第8回は、アウトドアメーカーのスノーピークで社長を務める山井梨沙氏に迫りました。山井氏は2020年3月に32歳の若さで社長に就任。同社が培ってきた“ないものはつくるDNA”を受け継いだものづくりを次世代のフィルターを通し発信。14年の秋冬にアパレル事業を立ち上げ、18年からはプロダクト全般の統括のほか、「ローカル ウエア(LOCAL WEAR)」プロジェクトなど、新たな試みも率先して牽引してきました。音声座談会では、新潟県三条市に拠点を移す理由、ファッション業界に漂う閉鎖的な雰囲気について、「体験を売る会社にしていきたい」と話す理由などを聞きました。

山井梨沙スノーピーク社長「自然界において世界一クリエイティブな会社に」 音声座談会「蓉子の部屋」Vol.8

 
 
00:00 / 33:26
 
1X
 

川島蓉子:1961年新潟市生まれ。早稲田大学商学部卒業、文化服装学院マーチャンダイジング科修了。伊藤忠ファッションシステム株式会社取締役。ifs未来研究所所長。ジャーナリスト。日経ビジネスオンラインや読売新聞で連載を持つ。著書に『TSUTAYAの謎』『社長、そのデザインでは売れません!』(日経BP社)、『ビームス戦略』(PHP研究所)、『伊勢丹な人々』(日本経済新聞社)、『すいません、ほぼ日の経営。』などがある。1年365日、毎朝、午前3時起床で原稿を書く暮らしを20年来続けている

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら