ファッション

「ザラ」親会社、21年1月期は28%減収 欧州のロックダウンが打撃に

 「ザラ(ZARA)」を擁するインディテックス(INDITEX)の2021年1月期決算は、売上高が前期比27.8%減の204億200万ユーロ(約2兆6318億円)、営業利益が同68.4%減の15億700万ユーロ(約1944億円)、純利益が同69.6%減の11億600万ユーロ(約1426億円)だった。

 同社はスペインを含むヨーロッパが売り上げの63.3%を占めており、長期にわたるロックダウンが大きな打撃となった。20年2月は前年同期比8%増だったものの、3月は同50%減、4月は72%減、5月は51%減と大きく落ち込んだ。なお、同社の第1四半期(2〜4月期)は4億900万ユーロ(約527億円)の赤字だった。

 ブランド別では「ザラ ホーム」を含む「ザラ」が同27.7%減の141億2900万ユーロ(約1兆8226億円)、「ベルシュカ」が同25.6%減の17億7200万ユーロ(約2285億円)、「プル&ベアー」が同27.6%減の14億2500万ユーロ(約1838億円)だった。

 同社は店舗の統廃合により効率化を推進している。店舗数は前期末から640店減少し、6829店。売り場面積は同5%減だった。21年1月31日の時点でも店舗の30%がロックダウンで休業しており、52%が営業時間を短縮していた。

 一方、コロナ下でオンライン売上高は大きく伸長。導入を進めてきた在庫統合管理システムも奏功し、現地通貨ベースで前期比77%増の66億ユーロ(約8514億円)だった。

 21年2月も平均して店舗の21%が休業し、売上高は前年同期比15%減。3月8日の時点でも15%が一時休業しているが、7日までの売上高は同4%減だった。「店舗が再開された9月と10月は、制限があったにもかかわらず、売り上げは前年と同じレベルに戻っていた」とパブロ・イスラ(Pablo Isla)=エグゼクティブ・チェアマン。「在庫統合管理システムは、店舗が再開した際にさらに強さを発揮するだろう」。4月12日までには全店が再開する予定だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら