ファッション

ニューノーマル時代の販売術 顧客をつかむ“クライアンテリング”とは?

有料会員限定記事

 コロナ禍で休業していた各国の店舗もほぼ営業を再開しており、街にも徐々に活気が戻りつつあるが、かつての客足にはほど遠いというブランドや小売店がほとんどだろう。またECが好調でも、実店舗の売り上げ不足分を補うほどではないというケースも多い。そこで注目されているのが“クライアンテリング”だ。

 EYコンサルティング(EY CONSULTING)のマーシー・メリマン(Marcie Merriman)=カルチャーインサイトおよびカスタマーストラテジー担当リーダーは、「クライアンテリングとは、顧客の望みにできる限り応えることだ。例えば、ホテルに滞在している顧客がそこでスタイリングをしてほしいと希望するのであれば、好みに合いそうな商品をそろえて部屋に赴く。つまり顧客に来てもらうのではなく、小売店やブランド側が顧客の元へ行くというサービスだが、現代においては、自宅にいる顧客とテクノロジーを通じたパーソナルなやりとりを重ねて商品を販売することだと言えるだろう」と語る。

この続きを読むには…
残り3759⽂字, 画像9枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ファッション&ビューティメディア大特集 一緒に働く人も目指す人も必読!

11月29日発売の「WWDJAPAN」は、毎年恒例のメディア特集です。今週号には10社、14媒体、そして総勢32人の個性豊かな編集者が登場します。特集は、コロナ禍で編集長に就任&復帰した「25ans」と「MEN’S EX」そして「ハニカム(HONEYEE.COM)」編集長の座談会からスタート。「おめでとう」より「大変だね」と言われることが多かった編集長は、コロナが背中を押したかもしれない新事業への…

詳細/購入はこちら