ファッション

英ラグジュアリーECがコロナ禍で苦悩する新進デザイナーを支援

 イギリス・ロンドンを拠点にラグジュアリーECサイトを手掛けるマッチズファッション(MATCHESFASHION以下、マッチズ)は、新進デザイナーズブランドの支援を目的としたプログラム「イノベーターズ(THE INNOVATORS)」を立ち上げた。9月から1年間にわたり、総額180万ポンド(約2億5000万円)に上るマーケティング支援をはじめ、ビジネスのメンタリングや優遇支払い条件の提示といった実務的なサポートを対象ブランドに提供する。また、マッチズのECサイトでのオリジナルコンテンツの配信も行う。

 “ユニークで力強いDNA”という基準によって世界中から支援対象に選ばれたのは、「アートスクール(ART SCHOOL)」「アルワリア(AHLUMALIA)」「チョポヴァ ロウェナ(CHOPOVA LOWENA)」「ステファン クック(STEFAN COOKE)」「ジェルマニエール(GERMANIER)」「ハルパーン(HALPERN)」「ハリス リード(HARRIS REED)」「チャールズ ジェフリー ラバーボーイ(CHARLES JEFFREY LOVERBOY)」「テベ マググ(THEBE MAGUGU)」「ルドヴィック デ サン サーナン(LUDOVIC DE SAINT SERNIN)」「ビアンカ サンダース(BIANCA SAUNDERS)」「ウェールズ ボナー(WALES BONNER)」の12ブランド。「LVMHプライズ」をはじめとするコンテストのグランプリ受賞者やファイナリストなど将来の有望株がそろう。すでに11ブランドがマッチズで取り扱われており、新進ブランドを早くから買い付けている同社らしい取り組みと言えるだろう。

 同プログラム発足のきっかけとなったのは、新型コロナウイルスの感染が拡大する中でマッチズのチームが聞いた若きデザイナーたちの苦悩。困難な状況下で自らのブランドをどのように成長させていけるかが見えなくなった彼らには、実務的なサポートと継続的なコミットメントが必要だと考えたという。アジェイ・カヴァン(Ajay Kavan)最高経営責任者は、「マッチズのお客さまには私たちがキュレーションするファッションを楽しんでいただいている。その中には新進デザイナーを求めている方も多い。私たちの成功は新しい才能との確かなパートナーシップに根差しており、多くの才能あるデザイナーと協力し合えることを幸いに思う」とコメント。また、ナタリー・キンガム(Natalie Kingham)=バイイングディレクターも、「クリエイティブ業界にとって厳しい時期であるこの年に、『イノベーターズ』プログラムを通して才能ある新進デザイナーたちへのサポートを実現できることがうれしい。このプログラムは、彼らのビジネスの将来を確かなものにするために役立つだろう」と話す。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

原宿・新時代 ファッション&カルチャーをつなぐ人たち【WWDJAPAN BEAUTY付録:中価格帯コスメ攻略法】

「WWDJAPAN」4月22日号の特集は「原宿・新時代」です。ファッションの街・原宿が転換期を迎えています。訪日客が急回復し、裏通りまで人であふれるようになりました。新しい店舗も次々にオープンし、4月17日には神宮前交差点に大型商業施設「ハラカド」が開業しました。目まぐるしく更新され、世界への発信力を高める原宿。この街の担い手たちは、時代の変化をどう読み取り、何をしようとしているのか。この特集では…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。