ニュース

TSIがライフスタイル型ECブランド「エトレトウキョウ」事業を譲受 デジタルマーケティング領域を強化

 TSIホールディングスは2日、動画EC大手の3ミニッツ(東京都新宿区、松田昌賢社長)が展開するライフスタイル型ウィメンズブランド「エトレトウキョウ(ETRE TOKYO)」の事業を譲受すると発表した。譲渡日は8月1日で、以後はTSI子会社のハイブスが事業を運営する。譲渡金額は非公表。

 「エトレトウキョウ」は2017年3月発足。3ミニッツが主催する次世代インフルエンサー発掘オーディション「マインバイスリーエム ザ・パーティ 2016」でグランプリを獲得したJUNNAがクリエイティブディレクターを務める。インスタライブで商品の「品評会」を行うなど、3ミニッツのライブコマースのノウハウを駆使した販売手法で20~30代の女性から支持を得てきた。売上構成のうちECが67%と過半を占め、リアル店舗はルミネ新宿2とルクア大阪(2020年7月末に退店予定)に構えている。

 TSIは「エトレトウキョウ」事業がグループにもたらすシナジーとして、「ミレニアル世代の顧客獲得やD2C市場において、デジタルマーケティング手法を活用した事業の成長につながる」と期待する。一方、今後の事業の展望については「グループの商品企画・開発力や生産・物流、海外事業インフラなどを活用し、成長スピードをより一層高めていく」としている。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら