ビジネス

TSIがライフスタイル型ECブランド「エトレトウキョウ」事業を譲受 デジタルマーケティング領域を強化

 TSIホールディングスは2日、動画EC大手の3ミニッツ(東京都新宿区、松田昌賢社長)が展開するライフスタイル型ウィメンズブランド「エトレトウキョウ(ETRE TOKYO)」の事業を譲受すると発表した。譲渡日は8月1日で、以後はTSI子会社のハイブスが事業を運営する。譲渡金額は非公表。

 「エトレトウキョウ」は2017年3月発足。3ミニッツが主催する次世代インフルエンサー発掘オーディション「マインバイスリーエム ザ・パーティ 2016」でグランプリを獲得したJUNNAがクリエイティブディレクターを務める。インスタライブで商品の「品評会」を行うなど、3ミニッツのライブコマースのノウハウを駆使した販売手法で20~30代の女性から支持を得てきた。売上構成のうちECが67%と過半を占め、リアル店舗はルミネ新宿2とルクア大阪(2020年7月末に退店予定)に構えている。

 TSIは「エトレトウキョウ」事業がグループにもたらすシナジーとして、「ミレニアル世代の顧客獲得やD2C市場において、デジタルマーケティング手法を活用した事業の成長につながる」と期待する。一方、今後の事業の展望については「グループの商品企画・開発力や生産・物流、海外事業インフラなどを活用し、成長スピードをより一層高めていく」としている。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら