ファッション

TSIがネット専業の新ブランド「メクル」 「エトレ トウキョウ」のデジタルマーケティング力を活用

 TSIホールディングス子会社のHYBES(東京、中村晋社長)は、ネット専業のウィメンズブランド「メクル(MECRE)」を2021-22年秋冬にスタートする。

 インスタグラムで15万フォロワーを持つインフルエンサーのMAIがブランドディレクターを務める。「ワントーンの比較的シンプルな装いがトレンドだけれど、個性が際立っていて、モード感のある服が欲しかった」という彼女の意向を反映し、大胆な配色を施したコート(税込4万9500円)」やラグジュアリーなムードのフェイクファーブルゾン(同4万700円)などをファーストコレクションのメインアイテムに据える。

 トップスやスカートは1万円台後半〜2万円台後半、コートやブルゾンは3万円台後半〜4万円台後半と、EC専業ブランドとしてはやや高めの価格設定となっている。「ネットのみで販売するブランドは値頃感を打ち出したものも多いが、あくまで品質で勝負し、(収入が)アッパーミドルの大人の女性を狙っていく」と中村社長。今後は生産背景などにおいて、TSIグループの百貨店ブランドなどとのシナジーも視野に入れる。

 HYBESは20年8月にTSIグループに加わった「エトレトウキョウ(ETRE TOKYO)」の運営を主に担い、構成メンバーも事業の譲受元である3ミニッツから転籍した若い女性が中心。「エトレトウキョウ」は商品単価3万円程度と比較的高単価ながら、EC販売比率は65%以上を占める。ここで培ったSNSの運用やデジタルマーケティングのノウハウを成長のエンジンとし、「メクル」は3年以内に売上高5億円規模を目指す。

 来年度(23年2月期)には、新たに2つのネット専業ブランドの立ち上げを計画する。「D2Cブランドの運営ノウハウを蓄積し、(HYBESを)グループ全体にデジタルを核としたさまざまな波及効果を生み出すプラットフォームにしていきたい」(中村社長)考えだ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら