ファッション

TSI純損失104億円 20年3〜5月 コロナで主力のアパレルは売上半減

 アパレル大手のTSIホールディングスは2020年3〜5月期の純損益は104億円の赤字(前年同期は24億円の黒字)だった。新型コロナウイルスによる緊急事態宣言により店舗の多くが休業したため、人件費や固定費で24億円の特別損失を計上。消費不振も重なり、本業のもうけを示す営業損益は64億円の赤字(同19億円の黒字)、経常損益は60億円(同21億円の黒字)になった。主力のアパレル事業は百貨店や大都市圏のファッションビルなどへの出店が多く、緊急事態宣言による首都封鎖の影響を大きく受けた。売上高は前年同期比49.4%減の216億円だった。

 期初には公表を見送っていた21年2月期の業績予想については上半期の見通しを発表。20年3〜8月の売上高は前年同期比31.0%減の565億円、営業損益は135億円の赤字、経常損益は127億円の赤字、純損益は162億円の赤字とした。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら