ビジネス

講談社に新たな動き 「ヴィヴィ」「ヴォーチェ」編集長交代 & デジタルメディア特化型の新会社設立

 講談社は7月1日付の人事を発表した。ファッション・ビューティ誌では、「ヴィヴィ(ViVi)」と「ヴォーチェ(VOCE)」の編集長が交代する。遠藤友子「ヴォーチェ」副編集長が編集長に昇格。高橋絵里子「ヴォーチェ」編集長は、「ヴィヴィ」編集長へ、岩田俊「ヴィヴィ」編集長は、ウェブ版「ネットヴィヴィ」の編集長へと就任した。

 また、講談社は同日付でデジタルメディアの研究・開発に特化した合同会社KODANSHAtechの設立を発表した。同社の母体となるチームは2018年6月に講談社内で発足。「現代ビジネス」の継続的な改善や「フライデー(FRIDAY)デジタル」の設立を担い、どちらも月間1億PVを達成している。また、「フラウ(FRaU)」「ヴィヴィ」「ヴォーチェ」などの女性誌系メディアでも同様の技術的知見を生かして成果を上げたほか、科学者支援のクラウドファンディングサイト「ブルーバックスアウトリーチ」を企画・開発している。こうした取り組みをより加速させるため、KODANSHAtechとしてチームを法人化したという。

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら