ファッション

米「スチュアート ワイツマン」が再び日本撤退 新型コロナの影響で

 「コーチ(COACH)」や「ケイト・スペード ニューヨーク(KATE SPADE NEW YORK)」を擁するタペストリー(TAPESTRY)は新型コロナウイルスの影響を受け、シューズブランド「スチュアート ワイツマン(STUART WEITZMAN)」の日本市場からの撤退を決めた。現在運営している伊勢丹新宿本店、銀座三越店、阪急うめだ本店の3店舗は8月で閉店する。
 
「スチュアート ワイツマン」の2020年1〜3月期(第3四半期)決算は、売上高が40.5%減の5070万ドル(約53億円)で、5億3070万ドル(約562億円)の営業損失を計上していた。店舗運営やマーケティングにおいて、アメリカと中国の立て直しを優先させる方針を固めた。

 「スチュアート ワイツマン」の日本撤退はこれで2度目。13年にGRIジャパンが日本代理店を務めて日本に上陸したが撤退。15年にコーチ(現タペストリー)の傘下に入り、18年に日本再上陸を果たしていた。オーバーザニーブーツとワンストラップサンダルが看板アイテムで、セレブリティーに人気が高いブランドとして知られている。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら