ファッション

イタリアのジーンズ「ガス」が日本撤退

 帝国データバンクによると、イタリアのジーンズブランド「ガス(GAS)」を運営するGAS JAPANが4月30日に開催された株主総会で解散を決議した。今後、特別清算を申請する予定であるという。負債額は不明。

 同社は、2006年に日本法人として設立。「ガス」は百貨店やアウトレットモールに出店し、全国に約20店舗を展開するほか、ECも手掛けていた。かつてはレーシングチームのスポンサーも務め、13年12月期の売上高は約25億円。

 同ブランドは1984年にクラウディオ・グロット(Claudio Grotto)が創業。日本でのジーンズの販売価格は1万円台後半から3万円ほどだった。日本からの撤退は本国の方針だという。

【エディターズ・チェック】
ジーンズはここ数年、冬の時代が続いている。“リジッド”や“ストレッチ”以降、トレンドらしいトレンドがない。作っても売れず、セレクトショップもオリジナルの製作から手を引いている。価格が2万円を超えると商品の動きは一気に鈍化し、「ガス」はこれに当てはまる形だった。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら