ファッション

「スチュアート・ワイツマン」がキャンペーン動画公開 ケンダル・ジェンナーやウィロー・スミスら4人のセレブ起用

 米タペストリー(TAPESTRY)傘下のシューズ・アクセサリーブランド「スチュアート・ワイツマン(STUART WEITZMAN)」は、ケンダル・ジェンナー(Kendall Jenner)ら4人のセレブリティーを起用した2019年春のキャンペーンムービーを公開した。公式ホームページやSNS、ユーチューブなどで視聴できる。

 ムービーにはケンダルの他、中国人女優のヤン・ミー(Yang Mi)、ウィル・スミス(Will Smith)の娘で歌手や女優として活動するウィロー・スミス(Willow Smith)、モデルのジーン・キャンベル(Jean Campbell)が登場する。同ブランドのシューズを着用し、エネルギッシュなウオーキングでシューズをアピールしている。撮影・監督は、数々のファッションブランドのキャンペーンムービーを手掛けてきたゴードン・ヴォン・ステイナー(Gordon Von Steiner)。BGMはヒップホップトリオのミーゴス(Migos)がドレイク(Drake)をフィーチャーした楽曲「Walk it Talk it」を用いた。

 公開日の2月12日には、米ニューヨークでイベントを開催した。4人のムービー出演者をはじめ、多数のインフルエンサーが会場に訪れた。

 1986年に米国で創立した「スチュアート・ワイツマン」は、世界各国に111店舗を展開する。日本には2018年に上陸し、伊勢丹新宿本店本館に店舗を構える。

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら