ファッション

「マイケル・コース」のアジアの顔決まる。世界で活躍の予感

 アジア、特に中国で存在感を強めるマイケル・コース(MICHAEL KORS)は12日(現地時間)、中国人女優ヤン・ミー(Yang Mi)のアジアにおけるブランドアンバサダー就任会見を行った。ビジュアルの撮影は、ストリートスナップの第一人者、トミー・トン(Tommy Ton)が担当した。

 ジョン・アイドル(John Idol)会長兼最高経営責任者は、「アジアは今、一番大事でエキサイティングな地域。ヤンとのパートナーシップを嬉しく思う」とコメントし、太いベルトでウエストマークしたレザーのワンピース姿のヤンを会見会場に招いた。

 この日31歳の誕生日を迎えたヤンは、「時差ボケがツラいけれど、昨日はたくさんのシューティングに臨んだ。夜にパスタを食べながら、中国のラーメンを思い出したわ(笑)」などとコメント。その間、大半が中国系メディアの会場では、一眼レフやスマホのシャッター音が鳴り止まず、会見を動画配信するメディアやインフルエンサーも登場。デジタル戦略に長けたブランドと、デジタルメディアでのし上がろうとするアップカミングなメディアやインフルエンサーの“気合い”が感じられた。

 ヤンが登場するイメージビジュアルは、もちろんアジア圏のメディアに登場するが、彼女を起用したプロモーションは、それだけに留まらない。マイケル・コースは9月、世界で免税店を手掛けるDFSグループとのコラボ・コレクションを発表。キャンペーンにヤンを起用した。すでに世界中を旅し、今後DFSでの買い物がますます増えるであろう中国人にアピールする。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“衣食住働遊”を掲げ、5年で売上2.5倍! 躍進するスノーピークの秘密

5月23日発売の「WWDJAPAN」は、スノーピーク特集です。アウトドアメーカーとして知られる同社は、今最も勢いのある企業のひとつ。コロナによる自然回帰の流れもあり、2021年12期の売上高は過去最高の257億円を達成し、ここ5年で2.5倍に成長しています。キャンプ道具だけでなく、アパレルや住まい、温浴施設、オフィス開発など、“衣食住働遊(どう・ゆう)”を掲げた多様な事業でアウトドアの価値を発信し…

詳細/購入はこちら