ファッション

買うたびに100食寄付 「マイケル・コース」が時計&サングラス発売

 「マイケル・コース(MICHAEL KORS)」は、10月16日の国連制定世界食糧デーに合わせ、今年も飢餓撲滅を図る「ウォッチ・ハンガー・ストップ(WATCH HUNGER STOP)」キャンペーンに取り組む。スタートして5年目を迎える取り組みでは、これまで累計1500万食を提供してきた。

 今年は、スマートウオッチの“ソフィー(Sofie)”と、サングラスの“ロン(Lon)”を発売。それぞれ1つ購入するたび、「マイケル・コース」は国連に25(約2750円)ドルを寄付。国連世界食糧計画が、助けを必要とする子どもたちに学校給食100食を届ける。

 スマートウオッチの“ソフィー”は、9月発売予定の商品のスペシャル・エディション。パヴェをあしらったガンメタル色のトップリングと、パヴェチェックのブレスレットが特徴だ。最新版のアプリを搭載し、インスタグラムやフェイスブックとリンクさせると、自分の写真を文字盤にすることができる。価格は4万9000円。日本では直営店とオンラインストアで販売する。

 サングラスの“ロン”は、「マイケル・コース」らしいアビエイタータイプ。鮮やかなコバルトブルーが特徴だ。価格は未定。日本では銀座店でのみ取り扱う。

 デザイナーのマイケル・コース(Michael Kors)は、2015年に国連世界食糧計画アンバサダーに就任。「世界で最も厳しい生活をしている子どもたちの生活改善を目指している。私たちは皆、1つのコミュニティの一部。だからこそ、すべての人が、この問題に気をかけるべき」と訴える。今年は3年連続で女優のケイト・ハドソン(Kate Hudson)も参画する。

本文中の円換算レート:1ドル=110円

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら