ファッション

「スチュアート・ワイツマン」が新宿伊勢丹に日本1号店 

 米タペストリー(TAPESTRY)傘下のシューズ・アクセサリーブランド「スチュアート・ワイツマン(STUART WEITZMAN)」が、日本初となる店舗を伊勢丹新宿本店本館2階に8月22日オープンする。また同日から期間限定のポップアップストアを同フロアに、9月5日から阪急うめだ本店に設置する。

 ミニマルなデザインのヒールサンダル(7万5000円)やスエードのニーハイブーツ(10万5000円)、流線形のシルエットが美しいコンバットブーツ(10万円)など、2018年秋コレクションのシューズを展開する。加えて、「スワロフスキー(SWAROVSKI)」のクリスタルを随所にあしらったアジア地域限定モデルも店頭に並ぶ予定だ。

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら