ファッション

年間売り上げ10億ドルのフィットネスブランド「ビーチボディ」が日本上陸

 シューズ販売会社の世界長ユニオンは、米フィットネスブランド「ビーチボディ(BEACHBODY)」のアパレルとシューズの輸入販売を今秋スタートする。スポーツ用品の量販店ヴィクトリア(VICTORIA)とB & Dを皮切りに、8月下旬から都内フィットネス専門店や百貨店などで順次取り扱っていく予定。日本での売り上げは現在、ブランド側と計画中だ。

 商品素材は遠赤外線熱を利用して体を温めることで運動機能を向上させつつ、汗の蒸発を促したりする特殊な素材を用いる。伸縮率の異なる素材を縫い目なしでつなぎあわせた立体的なパターンのウエアがそろう。価格帯はアパレルが5000~1万円、シューズが1万2000~1万3000円。

 「ビーチボディ」は1998年に設立。独自のフィットネスプログラムやダイエットプログラム、栄養学などを開発し、全世界で2万7000人以上の顧客を抱える。アパレルとシューズは、2017年にシンガポールのメーカー、グローバル・ブランド・パートナーズ(GLOBAL BRAND PARTNERS以下、GBP)とライセンス契約を結んでスタートさせた。現在は本国アメリカの他、イギリスとドイツに進出しており、フィットネスプログラムなども合わせて、売上高は10億ドル以上とフィットネス界ではトップクラスだ。GBPのキリック・ダッタ(Killick Datta)社長兼CEOは「スポーツギアが徐々にファッションに取り入れられるようになっており、『ビーチボディ』の可能性も広がっている。日本を皮切りに、韓国や中国、フィリピンなどといったアジアにもアパレルを広めていく。来年末までに140カ国以上にブランドを展開する予定だ」と意気込む。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

有力企業17社の新卒採用責任者が登場 ファッション&ビューティ業界の「イマドキ採用」特集

「WWDJAPAN」2月19日号は、ファッション&ビューティ企業の「新卒採用」特集です。コロナ禍を経て、新卒の採用活動は大きく変わりつつあります。コロナ禍の収束に伴う求人倍率の上昇、慢性的な人手不足、就活の長期化などによって、かつてのような「大量にエントリーを集め、面接でふるい落としていく」というやり方は、すでに過去のものになっています。現在のキーワードは「相互理解」「ホンネ」「共感」。福利厚生の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。