ニュース

「スチュアート ワイツマン」新CEOに前フェラガモCEO

 「スチュアート ワイツマン(STUART WEITZMAN)」の最高経営責任者(CEO)兼ブランド・プレジデントに、4月30日付でエラルド・ポレット(Eraldo Poletto)前サルヴァトーレ フェラガモ(SALVATORE FERRAGAMO SPA)CEOが就任する。2016年9月より同職を務めてきたウェンディ・カーン(Wendy Kahn)現CEO兼ブランド・プレジデントの後任だ。

 「スチュアート ワイツマン」の他、「コーチ(COACH)」「ケイト・スペード ニューヨーク(KATE SPADE NEW YORK)」などを擁するタペストリー(TAPESTRY)のビクター・ルイス(Victor Luis)CEOは「『スチュアート ワイツマン』は、ジョバンニ・モレッリ(Giovanni Morelli)=クリエイティブ・ディレクターによるファーストコレクションの発売や中国北部の事業の買い戻しなど、進化の過渡期にある。ポレット新CEO兼ブランド・プレジデントは、グローバルなラグジュアリー市場での経験とアイコニックなブランドへの深い知識をもつリーダーだ。彼はチームワークや、すべてのファッションカテゴリーで国際的な成長を促進し最大化することにおいて、成功した実績がある」と語った。

 ポレット新CEO兼ブランド・プレジデントは、ブルックス ブラザーズ(BROOKS BROTHERS)の親会社、リテール ブランド アライアンス(RETAIL BRAND ALLIANCE)の要職を経て10年6月にフルラに入社した後、12年にアルフレッド ダンヒル(ALFRED DUNHILL)のCEOに就任したものの、13年から再度フルラのCEOとして復帰。フルラのグローバルな小売りネットワークの拡大に貢献し、16年8月にミケーレ・ノルサ(Michele Norsa)の後任としてサルヴァトーレ フェラガモCEOに就任し、18年3月に約1年半で退任した。