ビジネス

米コーチ、企業名をタペストリーに改称

 アメリカのコーチ・インク(COACH INC.)は10月31日、企業名をタペストリー・インク(TAPESTRY INC.)に改称する。タペストリーとは、室内の装飾に用いられる織物。クリエイティビティーとクラフツマンシップ、正当性、そして多様性など、社内で重んじる価値観を尊重するための改名のようだ。英語の「タペストリー(tapestry)」は多様性を表現するとき、比喩的に用いられる。

 ビクター・ルイス(Victor Luis)最高経営責任者(CEO)は近年の「スチュアート ワイツマン(STUART WEITZMAN)や「ケイト・スペード ニューヨーク(KATE SPADE NEW YORK)」の取得により、会社はモノブランド企業から「エモーショナルなブランドの集合体」に進化していると主張。こうした事情と尊重すべき価値を表現する社名を考えていたという。命名に際しては、エージェントの協力も仰いだ。

 ルイスCEOは、「タペストリーという名前は、会社のブランドポートフォリオが広がったり、それぞれのブランドが新たなカテゴリーや市場に進出したりするとともに成長するだろう。名前は消費者第一のビジネスとクリエイティビティ、そしてグループの歴史などを包括している。何より重要なのは、我々は確固たる企業アイデンティティを構築していること。それぞれのブランドが個性的でユニークな、消費者に届けるべきアイデンティティを有している」と話す。

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら