ファッション

グラミーの“最優秀アルバム賞”に輝いたテイラー・スウィフト 歴代“名コーデ”をプレイバック

現地時間2月4日、米ロサンゼルスで行われた「第66回グラミー賞授賞式」で、テイラー・スウィフト(Taylor Swift)が史上最多4度目の年間最優秀アルバム賞に輝いた。授賞プレゼンターには、難病を患い活動休止中の歌手、セリーヌ・ディオン(Celine Dion)がサプライズ登場し、話題を呼んだ。

またグーグル(Google)によると、スウィフトがレッドカーペットで着用した「スキャパレリ(SCHIAPARELLI)」のドレスは、授賞式で最も検索されたルックで、音楽のみならずファッションでも存在感を放った。そこで、米「WWD」と同じフェアチャイルド傘下の「フットウエア・ニュース」は、長年にわたって記憶に残るファッションを披露してきたスウィフトの装いを振り返る。

2012年「ジングルボール」

12年の米音楽祭「ジングルボール(Jingle Ball)」で、スウィフトが着用したのは深いワインレッドの刺しゅう入りフローラルトップスとブラックのホットパンツ。そして足元には赤いベルベットのレースアップローファーをノーソックスで。パンツとマッチしたブラックの靴紐が赤のコーデを引き締めた。

2013年「ヴィクトリアズ・シークレット・ファッションショー」

スウィフトは13年の「ヴィクトリアズ・シークレット・ファッションショー(Victoria’s Secret Fashion Show」」で、「ソフィア ウェブスター(SOPHIA WEBSTER)」のユニオンジャック旗プリントをあしらったレースアップブーツを履いてパフォーマンスした。この印象的なシューズには、同じ柄のミニドレスとの小さなトップハットを合わせた。

2013年「第57回グラミー賞授賞式」

スウィフトは、「エリー サーブ(ELIE SAAB)」のブルーのスパンコールガウンを着用して、第57回グラミー賞授賞式に登場した。合わせたのはオープントゥとフロントのクロスストラップが特徴的で、鮮やかな「ジュゼッペ ザノッティ(GIUSEPPE ZANOTTI)」のパープルスエードパンプス。

2016年「アイハートラジオ ミュージック アワード」

スウィフトは「アイハートラジオ ミュージック アワード2016(iHeartRadio Music Awards)」のレッドカーペットを、推定10 センチメートルヒールの黒いピープトゥブーツで歩いた。「サンローラン(SAINT LAURENT)」の16年秋コレクションからの同じ色合いのスパンコールのジャンプスーツを合わせ、スタイリッシュな装いに。

2016年「メットガラ」

16年、“手仕事と機械”をテーマにメトロポリタン美術館で開催された「メットガラ」に、スウィフトは「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」のシルバーとブラックの特注ミニドレスで出席した。足元には同じく「ルイ・ヴィトン」の、ニーハイ丈で光沢のある、ブラックストラップグラディエーターサンダルを合わせた。

2018年「アメリカン・ミュージック・アワード」

スウィフトは18年、「アメリカン・ミュージック・アワード(the American Music Awards)のレッドカーペットに「バルマン(BALMAIN)」を着用し登場した。ミラーボールのように輝くシルバーのドレスに、同じ素材のニーハイブーツを合わせ、一際目を引いた。黒のポインテッドトゥがコーディネートのアクセントだ。

2019年「ビルボード・ミュージック・アワード」

19年の「ビルボード・ミュージック・アワード(Billboard Music Awards)」のステージでパフォーマンスを披露したスウィフトは、「スチュアート ワイツマン(STUART WEITZMAN)」の、つま先がクリスタルで覆われたベビーブルーのヒールブーツを履いていた。約8センチメートルのヒールに「ジェシカ ジョーンズ(JESSICA JONES)」の特注の片袖スパンコールボディースーツを合わせ、きらびやかに仕上げた。

2019年「エーイージー&ストーンウォール・イン」プライド・セレブレーション

「エーイージー&ストーンウォール・イン(AEG and Stonewall Inn)」のプライド・セレブレーションでは、「キャット マコニー(KAT MACONIE)」のエメラルドグリーンの花飾りがついたメタリックパープルのヒールを履いてパフォーマンスした。ボタンダウンシャツにキラキラ光るショートパンツというスウィフトのカジュアルなスタイルに、プラットフォームヒールが映える。

2019年「MTVビデオ・ミュージック・アワード」

ヴェルサーチェ(VERSACE)」による特注のマルチカラーチェーンプリントのビーズブレザードレスを着用し、「MTVビデオ・ミュージック・アワード2019(the 2019 MTV Video Music Awards)」に登場した。足元を飾ったのは、ポインテッドトゥと極端に細いヒール、ニーハイ丈が特徴的な「クリスチャン ルブタン(CHRISTIAN LOUBOUTIN)」の黒のベルベットブーツ。

2021年「第63回グラミー賞授賞式」

21年、スウィフトは、大きなリボンのアンクルストラップをあしらった「クリスチャン・ルブタン」ベビーピンクのヒールを履いてグラミー賞授賞式に出席した。このシューズは、「オスカー デ ラ レンタ(OSCAR DE LA RENTA)」の花柄が刺しゅうされたチュールミニドレスの色合いを取り入れたものだった。

2022年「MTVビデオ・ミュージック・アワード」

22年の「MTVビデオ・ミュージック・アワード2022」のレッドカーペットには、「オスカー デ ラ レンタ」のビジュードレスで登場。メタリックシルバーの「クリスチャン ルブタン」のヒールが、ドレスとマッチし、よりエレガントに演出した。

2023年「テイラー・スウィフト:エラズ・ツアー」ワールドプレミア

23年、コンサート映画「テイラー・スウィフト:エラズ・ツアー(The Eras Tour)」のワールドプレミアに出席したスウィフトは、ライトブルーの「オスカー デ ラ レンタ」の花柄ガウンで登場。この日履いた水色の「ジュゼッペ ザノッティ」のヒールと抜群のカラーマッチだった。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

スポーツを超えるランニングの魅力 表紙は「なこなこカップル」なごみさん【WWDJAPAN BEAUTY付録:美容・化粧品に強いPR会社リスト2024】

「WWDJAPAN」2月26日号は、“ラン&フィットネス“と題した恒例のスポーツ特集です。今年は改めてランニングにフォーカスし、市場動向から新たなトレンド、スタイリッシュなランナーのスナップを掲載します。コロナ禍以降“熱い“と言われるランニング市場は、本当に熱いのか。大手スポーツメーカーや小売店、レース登録のプラットフォームなどへの取材から考えます。ファッションやコミュニティーなど、スポーツ以外の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。