ファッション

第81回「ゴールデン・グローブ賞」授賞式 米「WWD」がベストドレッサーに選んだのは?

第81回「ゴールデン・グローブ賞」授賞式が1月7日(現地時間)、カリフォルニア州のビバリーヒルズで開催された。「モエ・エ・シャンドン(MOET & CHANDON)」が公式シャンパーニュを務め、「ノブ(NOBU)」による和食と共に、約3000人のゲストの特別なひと時を彩った。

ドラマ部門では、作品賞を「オッペンハイマー」、主演女優賞をリリー・グラッドストーン(Lily Gladstone /「キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン」)、主演男優賞をキリアン・マーフィー(Cillian Murphy/「オッペンハイマー」)が獲得した。コメディ・ミュージカル部門では、作品賞を「哀れなるものたち」、主演女優賞をエマ・ストーン(Emma Stone/「哀れなるものたち」)、主演男優賞をポール・ジアマッティ(Paul Giamatti/「The Holdovers(原題)」)が獲得した。助演女優賞をダヴァイン・ジョイ・ランドルフ(Da'Vine Joy Randolph/「The Holdovers(原題)」)、助演男優賞をロバート・ダウニー・ジュニア(Robert Downey Jr. /「オッペンハイマー」)が受賞した。また、監督賞をクリストファー・ノーラン(Christopher Nolan/「オッペンハイマー」)、脚本賞をアルチュール・アラリ(Arthur Harari/「落下の解剖学」)、作曲賞をルドウィグ・ゴランソン(Ludwig Goransson/「オッペンハイマー」)が受賞。そして、主題歌賞を「What Was I Made For?」(「バービー」挿入歌)、非英語映画賞を「落下の解剖学」、長編アニメーション映画賞を「君たちはどう生きるか」、興行成績賞を「バービー」が獲得した。

米「WWD」は初のスタイルアワードを実施し、会場でひときわ目立ったセレブリティーから「ベスト新人賞」「ベストビューティー賞」「ベストメンズウエア賞」「ベストジュエリー賞」「ベストシューズ賞」「最も大胆なスタイル賞」「ベストドレッサー賞」「アイコニック賞」の8部門を選出した。

WWDスタイルアワード受賞者

「ベスト新人賞」
リリー・グラッドストーン

ドラマ部門主演女優賞を受賞したリリー・グラッドストーンは、先住民族カルチャーとヨーロッパカルチャーをミックス。「ヴァレンティノ(VALENTINO)」のドレスとブラックコートを着用した。アクセサリーは「ブルガリ(BVLGARI)」のダイアモンドネックレスと、ビーズアーティストのレニーズ・オメアスー(Lenise Omeasoo)による「アンテロープ ウィメン デザイン(ANTELOPE WOMEN DESIGN)」のイヤリング。

「ベストビューティ賞」
エリザベス・デビッキ

エリザベス・デビッキ(Elizabeth Debicki)は、“ノーメイク”メイクで登場。なびかせたヘアが「ディオール(DIOR)」のメッシュメタルドレスにマッチした。

「ベストメンズウエア賞」
コールマン・ドミンゴ

コールマン・ドミンゴ(Colman Domingo)は、ファレル・ウィリアムス(Pharrell Williams)による「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」のミリタリージャケットとフレアパンツ、ブローチを着用し、新たなロックテイストを披露した。

「ベストジュエリー賞」
アリアナ・グリーンブラット

アリアナ・グリーンブラット(Ariana Greenblatt)は、「サンローラン(SAINT LAURENT)」のタキシードを着用し、「ショパール(CHOPARD)」のダイヤモンドジュエリーをたっぷりと飾った。「全ての指にダイヤモンドをつけたい」とコメント。

「ベストシューズ賞」
ナターシャ・リオン

ナターシャ・リオン(Natasha Lyonne)は「スキャパレリ(SCHIAPARELLI)」のブーツを合わせた。デザイナーのダニエル・ローズベリー(Daniel Reseberry)とメゾンのルーツであるシュールレアリスムを賞賛。

「最も大胆なスタイル賞」
ビリー・アイリッシュ

「What Was I Made For?」が主題歌賞を獲得したミュージシャンのビリー・アイリッシュ(Billie Eilish)は、ニューヨークを拠点とするメンズブランド「ウィリー・チャバリア(WILLY CHAVARRIA)」に身を包んだ。オーバーサイズのスラウチを穿きこなし、ヘアメイクで近未来的に仕上げた。

「ベストドレッサー賞」
ナタリー・ポートマン

ナタリー・ポートマン(Natalie Portman)は、手縫いの刺しゅうが施された「ディオール」のオートクチュールガウンで登場した。

「アイコニック賞」
メリル・ストリープ

メリル・ストリープ(Meryl Streep)は、「ヴァレンティノ」のスパンコールスカートスーツとホワイトボウタイブラウスをまとった。映画「プラダを着た悪魔」でメリルが演じたミランダを思わせるスタイル。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

MDの仕事を徹底解剖 3ブランドのMDに密着取材

「WWDJAPAN」2024年6月10日号は、MD(マーチャンダイザー)の仕事を特集します。一般的に「商品計画や販売計画を立てる人」と認識されていると思いますが、実際はどんな仕事をしているのか。これまで光を当てることがなかった、知られざる仕事の全貌を紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。