ファッション

第76回「ゴールデン・グローブ賞」 レディー・ガガら100人以上のセレブのレッドカーペットスタイル

 1月7日、米カリフォルニア州ビバリーヒルズのザ ビバリー ヒルトン(The Beverly Hilton)で第76回「ゴールデン・グローブ賞(GOLDEN GLOBES)」の授賞式が開催された。2019年各種アワードの先陣となる「ゴールデン・グローブ賞」で、セレブが着用したブランドは?

 中でも多くの注目を浴びたのは、映画「アリー/スター誕生(A Star Is Born)」で主演を務めたレディー・ガガ(Lady Gaga)と、「助演男優賞(Best Performance by an Actor in a Supporting Role)」にノミネートされたティモシー・シャラメ(Timothee Chalamet)だ。レディー・ガガは、「ヴァレンティノ(VALENTINO)」のラベンダーカラーのドレスと自身のヘアカラーをマッチさせたスタイリングで登場。ジュエリーは「ティファニー(TIFFANY)」を合わせた。授賞式では、「アリー/スター誕生」でガガが歌う「Shallow」が「主題歌賞(Best Original Song)」を受賞した。また、シャラメは、ヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)率いる「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」 の全面にビーズが施されたハーネスを着用した。

 昨年は「#MeToo」運動に賛同した出席者が黒のドレスやタキシードをまとった同授賞式だったが、今年はさまざまなカラーのドレスがレッドカーペットを彩った。一方で、「#MeToo」運動と関連した「Time’s Up」運動の2019年版とも言える「Time’s Up x2」のブレスレットやリボンを着用した出席者も見られた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。