ファッション

第76回「ゴールデン・グローブ賞」 レディー・ガガら100人以上のセレブのレッドカーペットスタイル

 1月7日、米カリフォルニア州ビバリーヒルズのザ ビバリー ヒルトン(The Beverly Hilton)で第76回「ゴールデン・グローブ賞(GOLDEN GLOBES)」の授賞式が開催された。2019年各種アワードの先陣となる「ゴールデン・グローブ賞」で、セレブが着用したブランドは?

 中でも多くの注目を浴びたのは、映画「アリー/スター誕生(A Star Is Born)」で主演を務めたレディー・ガガ(Lady Gaga)と、「助演男優賞(Best Performance by an Actor in a Supporting Role)」にノミネートされたティモシー・シャラメ(Timothee Chalamet)だ。レディー・ガガは、「ヴァレンティノ(VALENTINO)」のラベンダーカラーのドレスと自身のヘアカラーをマッチさせたスタイリングで登場。ジュエリーは「ティファニー(TIFFANY)」を合わせた。授賞式では、「アリー/スター誕生」でガガが歌う「Shallow」が「主題歌賞(Best Original Song)」を受賞した。また、シャラメは、ヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)率いる「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」 の全面にビーズが施されたハーネスを着用した。

 昨年は「#MeToo」運動に賛同した出席者が黒のドレスやタキシードをまとった同授賞式だったが、今年はさまざまなカラーのドレスがレッドカーペットを彩った。一方で、「#MeToo」運動と関連した「Time’s Up」運動の2019年版とも言える「Time’s Up x2」のブレスレットやリボンを着用した出席者も見られた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2021年秋冬新色特集 目指すのは“自己肯定感”を育むメイク

「WWDJAPAN」7月26日号は「2021年秋冬の新色特集」です。従来のジェンダー規範にとらわれないトレンドはあったものの、ここ数シーズンはさらに自然体で、性別という区別を超えた「個性を生かした自分らしさ」を表現するビューティが支持を集めています。美容ジャーナリストの加藤智一さん監修のもと、より複雑化していく性属性や個性に対するブランドの取り組み、人気ブランドの「推しコスメ」を紹介します。

詳細/購入はこちら