ファッション

丸井織物が9日に全面復旧 能登半島地震で被災

丸井織物は、1月9日から全工場の稼働を再開した。同社はスポーツ・アウトドア用途で使用される合繊織物で日本最大級の生産能力を持ち、能登半島南部の鹿島郡中能登町に本社工場を含む3工場、隣接する七尾市に1工場を運営している。同社は公式サイトで「地域の生活環境は未だ上水道や物資輸送のインフラに問題を抱えておりますが、通常の生活に一日でも早くもどれるよう頑張ります」とコメントしている。

丸井織物は1月1日の地震の後、2日に地震対策本部を設置し、3日には社員全員の安否確認と被害状況の把握を行っていた。5日には被害が軽微だった中能登町にあるTシャツプリント工場は稼働していた。

復興の状況は必要に応じて公式サイトやツイッター、インスタグラムの公式アカウントを通じて発信していく。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。