ビジネス

能登半島地震、世界的な合繊産地を直撃 テキスタイル生産にも影響か

能登半島地震が直撃したエリアの一部は、世界的な合繊テキスタイル産地として知られており、テキスタイル供給にも影響を与える可能性がある。繊維メーカー最大手の東レは、自社工場だと石川工場(石川県能美市)と北陸支店のほか、創和テキスタイルや丸一繊維などの子会社・グループ会社を含めると、石川・新潟などの工場・オフィスの9拠点が震度5以上のエリアにあるが、「被害状況は確認中」という。

日本最大の織物メーカーで、能登半島南部の中能登町に本社、隣接する七尾市にも工場を構える丸井織物は、「従業員の安否については全員確認できたものの、避難所生活を余儀なくされている従業員もいる。設備や建屋などには一部で被害があった。ただ、ライフラインは一部を除き再開しており、納期遅れはなんとか回避できるよう全力で復旧に取り組んでいる」という。ウェブサイト上でも情報を更新しており、「生産再開のめどが立ち次第、ウェブサイトで告知する」という。なお、Tシャツプリントの「アップティー(UP-T)」のみは被害が軽微だったこともあり、すでに生産を再開しているという。

石川県能美市に本社及び工場を持つ染色加工最大手の小松マテーレは、「漏水などはあったものの建屋・設備ともに軽微で、午前の整備・点検を経て、本社工場に関しては午後からは通常通り稼働を開始できた」という。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。