ビジネス

「ヴィヴィ」通販サイトの運営会社が事業撤退 今後の運営体制は未定

 「ヴィヴィ(ViVi)」(講談社)の通販サイト「ネット ヴィヴィ コーディネート コレクション(NET ViVi Coordinate Collection)」を運営するウェアハートが同サイトの運営事業から撤退する。事業の黒字化が見込めず、継続は困難と判断したためだ。2月28日付での事業撤退を予定しており、ウェアハートは清算に向けた処理を進める。今後「ネット ヴィヴィ コーディネート コレクション」の運営を他企業に譲渡するかどうか、現段階では未定というが、現在ネット ヴィヴィ コーディネート コレクション」では“決算セール”と銘打った90%OFFセールを大々的に行っている。

 ウェアハートは、ITシステム中堅のパイプドHDが15年7月に「ネット ヴィヴィ コーディネート コレクション」運営のため設立し、システム開発からサイト構築、商品の仕入れ、物流までを一貫して手がけてきた。しかし、16年6月に外部の不正アクセスによる個人情報流出が判明。同サイトの会員約1万946人の注文履歴のうち、1万5581件の個人情報(15年8月22日15時〜16年4月18日16時38分までの情報)が流出したことが明らかになった。これを受けて8月、ECシステムを自社の「スパイラルEC」からEC構築会社AMSのフルフィルメントサービス「エグレジオ」へ移管をして運営を続けてきた。なお、パイプドHDに属する他グループ会社が手がけるファッションECサイトの構築・運営受託事業は継続する。

【関連記事】
雑誌「ヴィヴィ」の通販サイト、1万5581件の個人情報が漏えい

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら