ビジネス

ロレアルが米スキンケア3ブランドを1500億円で買収

 ロレアル(L'OREAL)は1月10日、アメリカのスキンケアブランド「セラヴィ(CERAVE)」「アクネフリー(ACNEFREE)」「アンビ(AMBI)」を、バリアント ファーマシューティカルズ インターナショナル(VALEANT PHARMACEUTICALS INTERNATIONAL)から13億ドル(約1495円)で買収した。

 3ブランドは年間計1億6800万ドル(約193億円)を売り上げる。今後は、「ラ ロッシュ ポゼ(LA ROCHE-POSAY)」「ヴィシー(VICHY)」「スキンシューティカルズ(SKINCEUTICALS)」などを含むロレアルのアクティブ・コスメティックス部門に入る予定だ。アナリストはこれらのブランドの買収により、同社がドラッグストアチャネルのスキンケア事業を広げると分析する。

 「セラヴィ」は2005年に設立。皮膚科医と共同研究し、乾燥肌向けのクレンジングや乳液、日焼け止め、ベビー向けアイテムなどをそろえる。中心価格帯は7〜22ドル(約800〜2500円)。「アクネフリー」はニキビケアアイテムラインで、中心価格帯が6〜33ドル(約690〜3700円)。「アンビ」はホワイトニングに着目した洗顔料やCCクリームなどをそろえ、中心価格帯は6〜13ドル(約690〜1400円)。いずれも全米の薬局やディスカウントストアなどで売られている。

 ロレアルは昨年からさまざまなブランドを傘下に収めている。6月にフレグランスメゾンブランド「アトリエ・コロン(ATELIER COLOGNE)」を買収。7月にはスパ・スキンケアブランド「ソシエテ デ テルム ドゥ サンジェルヴェレバン(SOCIETE DES THERMES DE SAINT-GERVAIS-LES-BAINS)」および「サンジェルヴェ モンブラン(SAINT-GERVAIS MONT-BLANC)」のライセンス権利を買収するオファーをした他、イット・コスメティックス(IT COSMETICS)を12億ドル(約1380億円)で買収した。

【関連記事】
エスティ ローダーが過去最大規模の買収を 取引額1500億円超

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら