ファッション

「マックスマーラ」とサフィロがアイウエアのライセンス契約を早期解除 マルコリンへ移動か?

 「マックスマーラ(MAX MARA)」とイタリアのアイウエア企業サフィロ(SAFILO)は、両社が締結しているアイウエアのライセンス契約を2020年10月31日をもって解除すると発表した。これは1997年から続く契約で、現契約では23年12月31日まで更新の予定だったが前倒しの終了となる。サフィロによると、19年の売上高に占める「マックスマーラ」の割合は2%以下という。同社の19年12月期の売上高は前期比3.1%増の9億3900万ユーロ(約1100億円)だった。

 「マックスマーラ」の次の契約先は明かされていないが、マックスマーラ ファッション グループの「スポーツマックス(SPORTMAX)」と「マックス アンド コー(MAX & CO.)」のアイウエアを手掛けるマルコリン(MARCOLIN)が有力視されている。

 サフィロは、ハウスブランド「ポラロイド(POLAROID)」「カレラ(CARRERA)」「スミス(SMITH)」のほか、20以上のライセンスブランドを手掛けており、昨年は「リーバイス(LEVI’S)」「ミッソーニ(MISSONI)」「デヴィッド ベッカム(DAVID BECKHAM)」をスタートさせた。一方、来年は主力ブランドの「ディオール(DIOR)」と「フェンディ(FENDI)」のライセンスが、LVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON)とマルコリンの合弁会社ティリオス(THELIOS)に移動する予定で、同社のポートフォリオはビジネスを大きく左右する変動が続いている。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら