ファッション

伊大手アイウエア企業マルコリンのマッシモ・レノンCEOが退任 ベネトンCEO就任へ

 イタリアの大手アイウエア企業マルコリン(MARCOLIN)のマッシモ・レノン(Massimo Renon)最高経営責任者(CEO)が4月14日付で退任し、ベネトン(BENETTON)のCEOに就任する。マルコリンCEOの後任は明らかにされていない。

 マッシモ氏はミラノのボッコーニ大学やニューヨークのコロンビア大学で政治学などを学んだ後、世界最大のアイウエア企業ルックスオティカで2000年から約10年間キャリアを重ね、その後サフィロ、ケリングのアイウエア部門を経てマルコリンに入社し、17年、LVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON)とマルコリンが合弁会社ティリオス(THELIOS)を設立した際、ティリオスのCEOに就任したジョバンニ・ゾッパス(Giovanni Zoppas)前マルコリンCEOの後任となった。

 マルコリンは、「トム フォード(TOM FORD)」「エルメネジルド ゼニア(ERMENEGILDO ZEGNA)」「ディーゼル(DIESEL)」など約30ブランドのアイウエアを手掛けており、18年12月期の売上高は4億8200万ユーロ(約568億円)。日本の販売代理店はヴィジョナイズ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら