ビューティ

ポーラ・オルビスHD19年12月期は売上高11.5%減 新型肺炎の影響で2020年の通期計画を下方修正

 ポーラ・オルビスホールディングス(HD)の2019年12月期連結決算は基幹ブランド「ポーラ(POLA)」のインバウンド売り上げの減少などが影響し、売上高が前年比11.5%減の2199億円となった。営業利益は同21.2%減の311億円。前連結会計年度にナチュラルスキンケアブランド「ジュリーク(JURLIQUE)」の固定資産の減損損失や医療品事業事業整理損などの特別損失を計上したことが影響し、純利益は同134%増の196億円だった。

 事業部別ではビューティケア事業の売上高が同7.1%減の2148億円。「ポーラ」は中国本土や韓国で高成長が続いたものの国内が中国のEC法(電子商取引法)施行による影響でこれまで支持が高かった美容健康食品を中心とするインバウンド需要が減少し、売上高が同9.8%減の1355億円、営業利益は21.6%減の255億円だった。

 「オルビス(ORBIS)」は、エイジングスキンケアシリーズ「オルビス ユー」、特定保健用食品の「オルビス ディフェンセラ」で新規顧客の獲得に成功した一方で、戦略的に購買層を絞りこみ既存顧客が減少し、売上高が同0.6%減507億円、営業利益は同0.9%減の92億円で着地した。また育成ブランドに掲げる「THREE」は売上高が同7.2%増の110億円、営業利益が同53.2%減の4億円だった。

 不動産事業の売上高は同3.2%減の26億円、その他の売上高が同83.5%減の24億円だった。

 2020年12月期連結決算は新型肺炎でインバウンドや免税店、中国、香港市場での売り上げに影響していることを鑑みて、当初の想定地を見直し、同1.3%減の2170億円(当初想定は2265億円)、営業利益は同0.2%増の312億円(当初予定値は343億円)を見込んでいる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

スポーツを超えるランニングの魅力 表紙は「なこなこカップル」なごみさん【WWDJAPAN BEAUTY付録:美容・化粧品に強いPR会社リスト2024】

「WWDJAPAN」2月26日号は、“ラン&フィットネス“と題した恒例のスポーツ特集です。今年は改めてランニングにフォーカスし、市場動向から新たなトレンド、スタイリッシュなランナーのスナップを掲載します。コロナ禍以降“熱い“と言われるランニング市場は、本当に熱いのか。大手スポーツメーカーや小売店、レース登録のプラットフォームなどへの取材から考えます。ファッションやコミュニティーなど、スポーツ以外の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。