ビューティ

ポーラに初の女性社長誕生 現場推進能力の高い竹永美紀執行役員事業本部担当が昇格

 ポーラ・オルビスホールディングスは2020年1月1日付のグループ子会社を含めた役員人事を発表した。ポーラの社長には竹永美紀執行役員事業本部担当が昇格する。また、竹永新社長はポーラ・オルビスHDの上席執行役員にも就く。

 竹永執行役員事業本部担当はポーラの販売部門や商品企画部門でキャリアを積み、12年から商品企画・宣伝担当の執行役員を、14年から商品企画・宣伝・美容研究・デザイン研究担当の取締役を務めた。これまで培ってきた現場推進力と計画実行力が評価され、今後は国内事業の基盤構築と新たな成長戦略の策定・実行を推し進める。

 一方、横手喜一ポーラ社長は、ポーラ・オルビスHD取締役グループ海外展開担当海外事業管理室長に就任する。そのほか、宮崎稔章ポーラ執行役員CRM・市場接点・店舗戦略担当店舗戦略部長は、「THREE」などを擁するACRO執行役員副社長事業開発担当事業開発本部長に就く。

 ACROの石橋寧・取締役会長は同職を退任し、ファウンダー&ブランドアドバイザーに就任する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら