フォーカス

儲ける、生き残るためのI&D エディターズレターバックナンバー

※この記事は2019年6月5日に配信した、メールマガジン「エディターズレター(Editors' Letter)」のバックナンバーです。最新のレターを受け取るにはこちらから

儲ける、生き残るためのI&D

 6月10日号の「WWDジャパン」は、インクルージョン&ダイバーシティー(以下、I&D)特集。今まさにI&Dな国スウェーデンに拠点を構える、だからこそI&Dでもあるイケア(IKEA)で取材に勤しんでいます。先週は同じくI&Dな街、カナダ・トロントに。もちろん、日本の企業も取材しています。

 皆さん、I&Dは、なぜ必要だと思いますか?CSR(企業の社会的責任)の一環だから?もしアナタがそう思っているなら、そしてそう考えるアナタが経営者や事業部長級の幹部職だったら、多分そのI&Dな取り組み、失敗します。

 個人的に興味があるので、今までに数多く、本当に数多くの企業を見てきました。そんな企業の共通点は、I&Dのミッションを託された社員だけが一人悩み、孤立し、I&Dとは対極の状態に陥ってしまうという悲しい結果。そんな状況に陥らないためには、どうすべきでしょうか?

 答えは、I&Dは、儲かるため、生き残るために必要だと訴えることです。するとみんな、「それは頑張らなくっちゃ」と関心が高まります。

 I&Dは、本当に儲かるため、生き残るために必要なのです。これほどまでに多様化した時代、企業が多様化するには従業員、従業員の働き方も多様化しなければならず、I&D施策はそのために必要なのです。理想は、「みんな、会社のことが大好き。でも愛の表現方法や、愛しているがゆえに会社に貢献する術は違うよね」という状態でしょう。

SOCIAL & INFLUENTIAL:社会情勢によって変化するファッション&ビューティ業界を見つめます。インクルージョン(包摂性)&ダイバーシティー(多様性)な時代のファッション&ビューティから、社会に届けたい業界人のオピニオンまで。ジャーナリズムを重んじる「WWD JAPAN.com」ならではのメルマガです。

エディターズレターとは?
「WWDジャパン」と「WWDビューティ」の編集者から、パーソナルなメッセージをあなたのメールボックスにダイレクトにお届けするメールマガジン。ファッションやビューティのみならず、テクノロジーやビジネス、グローバル、ダイバーシティなど、みなさまの興味に合わせて、現在7種類のテーマをお選びいただけます。届いたメールには直接返信をすることもできます。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら