ビジネス

ポーラ・オルビスHDが18年12月期業績予想を下方修正 「ジュリーク」で減損損失113億円

 ポーラ・オルビスホールディングスは12日、2018年12月期の連結業績予想を下方修正した。同グループのナチュラルスキンケアブランド「ジュリーク(JURLIQUE)」の減損損失約113億円を計上するため。売上高は修正前の当初予想から1.8%減の2485億円(修正前は2530億円)、営業利益は同5.1%減の394億円(同415億円)、経常利益は同6.3%減の389億円(同415億円)、純利益は同60.7%減の83億円(同211億円)と発表した。

 減損損失は、「ジュリーク」が計画に対して大きな隔たりがあることにより、同ブランドにかかる固定資産(のれん約8億円、商標権約84億円、その他の有形・無形固定資産約21億円)の約113億円を計上した。

 修正の理由として同社は、「売上高は中国を主としたインバウンド・バイヤー需要のトレンド変化に加えて、『ジュリーク』ブランドが計画を下回ったことから、前回発表予想より約45億円減少する見込み。 営業利益は売上高の計画差異による売上総利益の減少、経常利益は為替差損の影響により、前回発表予想よりそれぞれ約21億円と約26億円減少する見込み。また、当期純利益については、経常利益の減少および減損損失として特別損失約113億円を計上することなどにより、前回発表予想より約128億円減少する見込み」とコメントしている。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら