ビジネス

花王の18年12月期は増収増益 化粧品事業のグローバル戦略ブランドが好調

 花王の2018年12月期(国際会計基準)は、売上高が前期比1.2%増(為替変動の影響を除く増減率では実質1.3%増)の1兆5080億円となり、営業利益が同1.4%増の2077億円と6期連続の過去最高益となった。純利益は同4.5%増の1536億円だった。

 事業部別では、コンシューマープロダクツ事業の売上高は同1.4%増(実質1.6%増)の1兆2329億円となり、その中の化粧品事業の売上高は同5.0%増の2796億円だった。同社は昨年5月に、グローバルでの販売拡大が見込める11ブランドに投資を集中。グローバル戦略ブランドである、百貨店で展開する「スック(SUQQU)」「RMK」、セルフ化粧品の「フリープラス(FREEPLUS)」「キュレル(CUREL)」、18年9月にリニューアルした「ソフィーナ iP(SOFINA iP)」が好調に推移し、売り上げに寄与した。海外では中国を中心に売り上げを大きく伸ばした。

 スキンケア・ヘアケア事業の売上高は、同2.6%増(実質2.7%増)の3414億円。スキンケアは「ビオレ(BIORE)」がアジアで売り上げを伸ばしたものの米州は厳しかった。ヘアケアは国内では白髪ケアブランド「リライズ」が好調に推移したが、シャンプーやリンスはプレミアム市場への対応が遅れたことやマス市場の縮小が影響して前年を下回った。ヒューマンヘルスケア事業の売上高は同4.8%減(実質4.4%減)の2677億円、ファブリック&ホームケア事業の売上高は同2.5%増(実質2.6%増)の3441億円だった。

 19年12月期は、売上高が前期比4.8%増の1兆5800億円、営業利益が同8.3%増の2250億円、純利益が同5.4%増の1620億円と増収増益を見込む。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ストリートスナップで探る22年春夏の「売れるトレンド」/追悼:ヴァージル・アブロー

「WWDJAPAN」12月6日号は「2022年春夏リアルトレンド特集」。緊急事態宣言が明けて約2カ月がたち、都内の繁華街にもにぎわいが戻ってきました。ファッションは世相の写し鏡。世の中の20-30代の女性は今、どんな服装をしているのか?編集部は街に繰り出し、ストリートスナップを実施しました。裏表紙からは、急逝したヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)の追悼特集。「オフ-ホワイト c/o …

詳細/購入はこちら