ビジネス

花王が驚きの新技術、超極細糸が第二の皮膚に 来年には化粧品にも応用

 花王は11月27日、軽く柔らかい自然な積層型極薄膜を肌表面に作る“ファインファイバー技術”を開発したと発表した。同社が持つさまざまな製剤とこの新技術を組み合わせることでスキンケアやメイクなど化粧品の領域において新たな提案を行うと共に、将来的には治療領域への応用も視野に入れる。

 “ファインファイバー技術”は、化粧品用のポリマー溶液を専用の機器で肌に噴射することで、肌表面に極細繊維で積層型の極薄膜を形成する技術。これにより、体のさまざまな部位の三次元形状や面積に合わせた膜を肌表面に自在に形成できるようになる。積層型の極薄膜は、直径0.5μ、わずか20秒で長さ120kmになるという繭のような極細繊維のため肌の動きに柔軟に追随し、肌表面を均一に滑らかに整える性質がある。また、液体を吸い込む“毛管力”があるため、使用する化粧品製剤の保持力や均一化に優れているのが最大の特徴だ。

 研究開発部門統括の長谷部佳宏・取締役 専務執行役員は、「“ファインファイバー技術”は、シート状ではなく肌に吹きかけることではがれにくくなり、あらゆる活用が可能になる。“皮膚を超える皮膚”を目標としているため、皮膚悩みを隠すことができ、スキンケアやメイクの次元を変える技術となる。技術により化粧品の限界を超えたいと考えており、“人を治す”治療の領域にまで持っていきたい」と語った。

 花王グループの技術イノベーションについて花王の澤田道隆・社長執行役員は、「当社が取り組んでいる50以上の基礎研究から、今回の“ファインファイバー技術”をはじめとした選りすぐった5つの基礎研究(ファインファイバー技術、RNAモニタリング技術、クリエイティッドカラー技術、Bio IOS技術、パッケージリサイクリエーション技術)を今後の花王グループを支える技術イノベーションとし、技術を応用した製品やサービスを来年中に投入する」とコメント。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。