ビューティ

動画を見るだけで無料でサロンに通える“0円動画クーポン”アプリ「サロミー」がスタート

 ウェブサービスを提供するペルソナイズが、美容のライブ動画アプリ「サロミー(salomee)」をリリースした。同アプリは2月からベータ版として提供していた「サロミーライブ(salomee LIVE)」をさらに進化させたもので、今回の本格スタートに合わせて、サロンでの施術を無料で体験できる“0円動画クーポン”と、AIを活用して個人データに基づいた美容師・美容情報を提案する“Beautyマッチング”、ライブ動画を視聴しながらサロンを予約できる“Liveリザーブ”の3つの新機能を追加。以前の「サロミーライブ」よりも一般のユーザーにとってさらにお得なサービスを提供する。

 “0円動画クーポン”は、「サロミー」で配信されている動画を視聴することで、そのサロンでの施術を無料で体験できるクーポンが発行され、施術を受けることができる。施術後はアンケートに回答して終了となる。このサービスは何度でも利用することができる。

 一方、サロン側にはペルソナイズから正規料金が支払われるため、動画の配信を行うことで、割引をせずに正規料金で新客が獲得できる。また、動画を通じて視聴者とのコミュニケーションを取れファンを増やすことも可能だ。

 メーカーはペルソナイズに広告料を支払うことで、希望のサロンや美容師に自社の製品を使った動画を配信してもらえ、多くの新客と接点を持つことができる。このサイクルがうまく回れば、一般のユーザーは無料でサロンに行け、美容師にとっては新客獲得のツールとなり、メーカーにとっては多くの人に製品をアピールできることになる。

 ベータ版の「サロミーライブ」は、美容師やネイリストらがライブ配信を通じてサロン専売品を販売できる動画コマースのプラットフォームで、ライブ動画での物販の売り上げの一部をマージンとして動画配信者がもらえるといったサービスがメーンだった。これにより、美容師などは自分たちで仕入れて在庫を抱えるリスクがなく、空き時間を利用して収入を上げることができた。このサービスは継続していることから、サロン専売品の動画コマースとしての需要も高い。

 「サロミーライブ」では、当初には業界でも知名度の高いインフルエンサー美容師を起用することで美容師のユーザーは増えたものの、一般ユーザーへのリーチが思ったよりも増えず、それが課題だった。今回、新たなサービスを加えることで一般ユーザー数を増やし、リリース後2カ月半で10万ダウンロードを目指す。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら