ビジネス

ポーラ・オルビスHD18年12月期は純利益69%減

 ポーラ・オルビスホールディングス(HD)の2018年12月期連結決算は、売上高が前期比1.7%増の2486億円、営業利益が同1.6%増の394億円、経常利益が同0.8%減の389億円、純利益が同69.1%減の83億円だった。

 ビューティケア事業の売上高は同1.8%増の2312億円。ブランド別にみると、基幹ブランド「ポーラ(POLA)」は国内のみならず中国や香港、免税市場で伸長し、売上高は同4.3%増の1501億円、営業利益は同14.0%増の325億円だった。

 オーストラリア発のナチュラルスキンケアブランド「ジュリーク(JURLIQUE)」は売上高が同18.7%減の103億円。中国市場や豪州市場での売り上げが苦戦し、当初計画と大きな隔たりがあることから、減損損失約113億円を計上した。10月にリブランディングを行った「オルビス(ORBIS)」は、ブランディングの変化により顧客数が減少したことで売上高が同3.8%減の510億円となったが、費用効率が改善し営業利益は同2.9%増の93億円で着地した。

 育成ブランドの「THREE」はスキンケアに注力したことで国内外の人気が拡大し、売上高は同28.6%増の103億円、営業利益は同92.9%増の10億円で着地した。また、「THREE」を擁するグループ子会社のACROは、18年から高感度メイクアップブランドの「アンプリチュード(AMPLITUDE)」、プレミアムオーガニックスキンケア「イトリン(ITRIM)」、メイクアップメンズブランド「ファイブイズム バイ スリー(FIVEISM × THREE)」を新たに展開する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら