ビューティ

「アディクション」の夏コレクションはインドから着想 カラフルなラインアップに深みがプラス

 「アディクション(ADDICTION)」は4月4日、2020年サマーコレクションのメイクアップを発売する。KANAKOクリエイティブディレクターによる2回目のコレクションだ。デビューコレクション同様にカラフルなアイテムは継続しているが、前シーズンよりも深みをプラスしたカラーがそろう。

 今季はインドの南西海岸地方にあるケーララ州に佇むスリー・パドマナーバスワーミ寺院で発見された秘宝の神秘的な美しさをメイクアップで表現。単色アイシャドウ(限定18色、各2000円)は神秘的な財宝の輝きと自然が放つ色彩をイメージしたメタリックタイプを6色、パールタイプを3色、マットタイプを3色、クリームタイプを6色そろえる。深みのあるグリーンやターコイズからきらびやかなローズゴールドやコッパー、艶やかなコーラルピンクやオリーブカラーなどがそろう。

 リキッドチーク(限定3色、各2800円)はテラコッタカラー、濃厚な果汁のようなベリーレッド、インドの大地をイメージしたレッドブラウンの3色が登場。リップスティック(限定6色、各3200円)はパッケージが新しくなり、鮮やかな発色と自然な艶が特徴のボールドタイプを3色、透明感のあるみずみずしい仕上がりのシアータイプを1色、繊細なパール入りで光沢感のある仕上がりのサテンタイプを2色ラインアップする。ネイルポリッシュ(限定6色、各1800円)もダークグリーンや夕焼けオレンジなど自然からインスピレーションを得たカラーをそろえる。

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら