ビューティ

「アディクション」の夏コレクションはインドから着想 カラフルなラインアップに深みがプラス

 「アディクション(ADDICTION)」は4月4日、2020年サマーコレクションのメイクアップを発売する。KANAKOクリエイティブディレクターによる2回目のコレクションだ。デビューコレクション同様にカラフルなアイテムは継続しているが、前シーズンよりも深みをプラスしたカラーがそろう。

 今季はインドの南西海岸地方にあるケーララ州に佇むスリー・パドマナーバスワーミ寺院で発見された秘宝の神秘的な美しさをメイクアップで表現。単色アイシャドウ(限定18色、各2000円)は神秘的な財宝の輝きと自然が放つ色彩をイメージしたメタリックタイプを6色、パールタイプを3色、マットタイプを3色、クリームタイプを6色そろえる。深みのあるグリーンやターコイズからきらびやかなローズゴールドやコッパー、艶やかなコーラルピンクやオリーブカラーなどがそろう。

 リキッドチーク(限定3色、各2800円)はテラコッタカラー、濃厚な果汁のようなベリーレッド、インドの大地をイメージしたレッドブラウンの3色が登場。リップスティック(限定6色、各3200円)はパッケージが新しくなり、鮮やかな発色と自然な艶が特徴のボールドタイプを3色、透明感のあるみずみずしい仕上がりのシアータイプを1色、繊細なパール入りで光沢感のある仕上がりのサテンタイプを2色ラインアップする。ネイルポリッシュ(限定6色、各1800円)もダークグリーンや夕焼けオレンジなど自然からインスピレーションを得たカラーをそろえる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら