ビューティ

「アディクション」が新クリエイティブディレクターの初コレクションをお披露目

 コーセーはメイクアップブランド「アディクション(ADDICTION)」の新クリエイティブディレクターに就任したKANAKOが手掛ける2020年春コレクションをお披露目した。インドのフェスティバル“ホーリー(HOLI)”からインスパイアされた色鮮やかなアイシャドウ(限定8色、各2000円)やリップバーム(限定5色、各2800円)、ネイルポリッシュ(限定6色、各1800円)を2020年1月3日に全国の百貨店などで発売する。

  今季のテーマは“ホーリー カラー”。春の訪れを祝い、色鮮やかなパウダーを掛け合うホーリーを象徴するようなカラー展開が特徴だ。「ザ アイシャドウL」はマッドレッドやマットイエロー、グリーンなどひと塗りで鮮やかに色づく8色をそろえる。「カラーコントロール リップバームL」はシアーピンクやシアーパープル、シアーイエローなど透明感と艶を演出する5色を扱う。「ザ ネイルポリッシュ L」はシアーピンクやシアーオレンジ、シアーブルーなど、ムラのない透明感のあるシアーな発色の6色を展開する。

 新生「アディクション」について、KANAKOクリエイティブディレクターは「インドのホーリーの写真が目に入り、春の始まりを祝う祭りなのでテーマにもピッタリで、楽しさが伝わるようなコレクションにした。今後も、かっこいいルックでも簡単にアプローチできる方法をさまざまなアイテムややり方で伝えていきたい」と述べた。

 同ブランドは今年誕生から10周年を迎えた中で小林一俊コーセー社長は「ブランドとして常に新しいものを提供しなければいけないため、10周年の節目にKANAKOメイクアップアーティストを起用した。世界のセレブレティーから支持されているアーティストとして以前から注目しており、縁あって今回新たなクリエイティブディレクターの就任となった。新コレクションを見て、『変わった』と感じていただけると思う」と語った。

 日本では現在は約100店舗を展開し、海外ではアジアを中心に販売網を広げている。「今後は欧米にも進出していきたい。それに向けて、もっと“日本発ブランド”を打ち出すために、今季から『ADDICTION TOKYO』のロゴを冠してグローバル展開を急ピッチで進める」(小林社長)とし、世界での存在感をさらに強めていく。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。