ファッション

店舗の服を無料レンタル&SNS投稿で稼げるサービス 「セシルマクビー」が導入

 スプリング・オブ・ファッションが提供する、店舗の服を無料でレンタルできるサービス「キテク(KITEKU)」が、「セシルマクビー(CECIL MCBEE)」渋谷109店に導入された。本格的な導入は同店が初。現在、シューズとアクセサリーを除く全アイテムの無料レンタルが可能だ。借りたアイテムは60分間着用して外出することができるほか、指定された販売用URLと共にインスタグラムやツイッターなどのSNSに投稿すると、その商品が売れた際に販売価格の10%の報酬が得られる。また、インスタグラムでの投稿においては1いいね当たり1円が支払われる。

 「キテク」は2018年11月の発表当初は店頭に並んでいるアイテムをレンタルできるサービスのみの提供だった。19年6月に資金を調達し、報酬制度などの新サービスを導入。具体的な店舗名は未発表だが、12月から順次新しい店舗にも導入予定だという。

 スプリング・オブ・ファッションの保坂忠伸・社長は「『キテク』によって販売員は来店客に買ってもらう以外にも、レンタルという選択を促すこともできる。われわれはサービスを通じて、リアル店舗でしかできない新しい体験価値を創造し、世界で起こっている小売店の閉店という問題の解決に挑戦していきたい」とコメント。「セシルマクビー」を統括するジャパンイマジネーションの手塚邦洋・営業統括リーダーは「『セシルマクビー』はこの冬、“今の時代にちょうどいい”をコンセプトにリブランディングを行った。SNSを通じて新しいブランドの魅力が伝わればと思い一緒に取り組みをすることにした。『キテク』には情報拡散はもちろん、お客さまとの新しいコミュニケーションとしての効果も期待してる」と語っている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。