ニュース

「セシルマクビー」復調なるか? 広がっていたターゲットを10代後半~20代前半に再設定

 ジャパンイマジネーションのウィメンズブランド「セシルマクビー(CECIL MCBEE)」は2018-19年秋冬物で、あらためてターゲットを10代後半~20代前半に設定し直す。ファストファッションの台頭などにより近年は苦戦が続いてきたが、ブランドの原点ともいえる色気のあるスタイルに、今のヤング層に必須のミックス感、ストリート感を加えることで復調をめざす。定期的に話題を生むため、コラボレーション商品も連続投入する。

 「ブランド設立から30年以上がたっており、店舗の前を通る客とブランドとの間に乖離が生まれていた」(富山健一セシルマクビーブランドリーダー・部長)ことが、ターゲット再設定の背景にある。現在の店舗数は46で、アウトレットを含めると60店。立地はヤング向けのファッションビルから30代中心の駅ビル、ファミリー層が多いSCまであり、客は10代~40代にまで広がっていた。品ぞろえも、店舗によってカジュアル中心、エレガンス中心といったようにばらつきがあり、それがブランドイメージをあいまいにしていた。「現在の主流であるカジュアルミックスを取り入れつつ、もともとの強みである色気のあるスタイルを提案し、ブランドイメージを1つにしていきたい」という。ミニスカートやオフショルダーニットなどで適度に肌を見せつつ、ウエストポーチやジーンズなどをコーディネートしてストリートムードを差す。

 コラボレーション商品は、8月から2週に1回前後の頻度で投入する。人形の「バービー(BARBIE)」や女の子のキャラクター「ベティ・ブープ(BETTY BOOP)」などとのコラボを企画しており、Tシャツなどで戦略的に3000円以下の買いやすい商品もそろえる。