ファッション

ギャルが消え、SPA化の波にも取り残され 「セシルマクビー」が幕引きを決めたわけ

有料会員限定記事

 ジャパンイマジネーションは7月20日、基幹ブランド「セシルマクビー(CECIL MCBEE以下、セシル)」の全43店を含む92店を年内に閉店し、今後の事業を「アンクルージュ(ANK ROUGE)」「ジェイミーエーエヌケー(JAMIEエーエヌケー)」「スタニングルアー(STUNNING LURE)」「デイシー(DEICY)」の4ブランドに絞るというグループ事業再構築策を公表した。4~5月頃から業界内ではさまざまなうわさが出ていたが、公表を受けて一般紙や情報番組も一斉に報道。1990年代~2000年代に大ヒットした、“セクシーカジュアル”“ギャルファッション”ブームを象徴するブランドに幕が下りることを惜しむ声がSNS上には溢れている。ブームに火が付いてから四半世紀。近年は苦戦が続き、シーズン毎に模索を重ねていた。「セシル」の課題は何だったのかを、96年1月期以降の業績や店舗数の推移のグラフと共に振り返る。(この記事はWWDジャパン2020年7月27日号からの抜粋に加筆しています)

この続きを読むには…
残り2594⽂字, 画像2枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら