ニュース

「アンチ ソーシャル ソーシャル クラブ」が日本版サイトをオープン 中国に次ぐ3カ国目

 シンプルでインパクトのあるグラフィックで人気を集めているアメリカ・ロサンゼルス発のストリートブランド「アンチ ソーシャル ソーシャル クラブ(ANTI SOCIAL SOCIAL CLUB以下、ASSC)」が、日本版の公式サイトを開設した。

 「ASSC」は、「ステューシー(STUSSY)」の元ソーシャルメディア・マネジャーだったニーク・ラーク(Neek Lurk)が2015年にロサンゼルスで設立。波打ったブランド名が後ろ身頃に大きくプリントされたアイテムが特徴で、ニークの幅広い人脈を駆使しカニエ・ウェスト(Kanye West)やトラビス・スコット(Travis Scott)らラッパーやセレブが早くから着用し人気に。これまでに「フラグメント デザイン(FRAGMENT DESIGN)」や「コム デ ギャルソン(COMME DES GARCONS)」「ア ベイシング エイプ(R)(A BATHING APE(R))」「マスターマインド・ジャパン(MASTERMIND JAPAN)」「カクタス プラント フリー マーケット(CACTUS PLANT FLEA MARKET)」「プレイボーイ(PLAYBOY)」など数多くのブランドとコラボを果たしてきた。

 本国以外での公式サイトの開設は、今夏の中国に次ぐ3カ国目。卸売をしないブランドで知られており、公式サイトが国内唯一の正規取扱店となる。なお、公式サイトは開設したもののオンラインストアはオープンしておらず、今月下旬から2019-20年秋冬シーズンのアイテムの展開を予定している。また、日本を拠点とするブランドとのコラボも画策しているそうだ。

【追記 2019年11月20日】公式オンラインストアを23日にオープンし、12時から販売を開始することが発表された。日本限定アイテムも多数取り扱う。