フォーカス

2020年春夏トレンド分析Vol.4 繊細な美を表現する職人技

 布地のコラージュや絵画の技法、ニットウエアの伝統技術など、2020年春夏コレクションにもさまざまな職人技とセンスが凝縮していた。

 中でも「アレキサンダー・マックイーン(ALEXANDER McQUEEN)」のサラ・バートン(Sarah Burton)はアイルランドの職人たちの伝統技術に焦点を当てて、美しいリネンとレースを駆使したコレクションを作り上げた。

 わらを花の形に編み込んだアートワークをドレスの上に重ねた「シモーネ ロシャ(SIMONE ROCHA)」や、アクション・ペインティング風のパターンをあしらったドレスの「ミュウミュウ(MIU MIU)」、カール・ラガーフェルド(Karl Lagerfeld)亡き後も革新的な素材使いを継承している、シルヴィア・フェンディ(Silvia Fendi)による「フェンディ(FENDI)」などでも職人技が光った。