ファッション

2020年春夏トレンド分析Vol.4 繊細な美を表現する職人技

 布地のコラージュや絵画の技法、ニットウエアの伝統技術など、2020年春夏コレクションにもさまざまな職人技とセンスが凝縮していた。

 中でも「アレキサンダー・マックイーン(ALEXANDER McQUEEN)」のサラ・バートン(Sarah Burton)はアイルランドの職人たちの伝統技術に焦点を当てて、美しいリネンとレースを駆使したコレクションを作り上げた。

 わらを花の形に編み込んだアートワークをドレスの上に重ねた「シモーネ ロシャ(SIMONE ROCHA)」や、アクション・ペインティング風のパターンをあしらったドレスの「ミュウミュウ(MIU MIU)」、カール・ラガーフェルド(Karl Lagerfeld)亡き後も革新的な素材使いを継承している、シルヴィア・フェンディ(Silvia Fendi)による「フェンディ(FENDI)」などでも職人技が光った。

 

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

有力企業17社の新卒採用責任者が登場 ファッション&ビューティ業界の「イマドキ採用」特集

「WWDJAPAN」2月19日号は、ファッション&ビューティ企業の「新卒採用」特集です。コロナ禍を経て、新卒の採用活動は大きく変わりつつあります。コロナ禍の収束に伴う求人倍率の上昇、慢性的な人手不足、就活の長期化などによって、かつてのような「大量にエントリーを集め、面接でふるい落としていく」というやり方は、すでに過去のものになっています。現在のキーワードは「相互理解」「ホンネ」「共感」。福利厚生の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。